オリーブオイルの効果や働きなどについて

健康効果成分

美容アイテムとしても知られていて、これを使っている方も多いであろうオリーブオイルですが、その効果や有効成分、それに働きなどについてちゃんと知っている方もいるでしょうが、そうでない方もいますよね。
そこでここでは、オリーブオイルについて詳しくご紹介したいと思います。

オリーブオイルに含まれている成分

まずは、オリーブオイルに含まれている成分についてみていきましょう。

美容面で言うと、ビタミンEが含まれていることで、アンチエイジング効果があるということが言えるでしょう。
顔のしわを防いだりしてくれるという働きがありますし、保湿にも効果的です。

健康面で注目されていることと言えば、ポリフェノールが豊富に含まれているということです。
実は、ポリフェノールと言っても、いくつかの種類があるのですが、オリーブオイルに含まれているポリフェノールというのは、オリーブオイルにしか含まれていないものなのです。

オレウロペインという成分になりますが、これによってアドナリンへ影響を与えます。
つまり、体の新陳代謝を活発化するという働きがあるので、ダイエット効果にもつながりますし、血行促進にもつながり、体の健康を保つために効果的な成分となっています。

他にも、オレイン酸というものが含まれています。
これは、体の中の悪玉コレステロールを減らし、それを善玉コレステロールを増やしてくれるという働きをしてくれますから、血液をサラサラにしたり、今多くの人が悩んでいる動脈硬化を予防してくれます。

オリーブオイルはどんなことに効果があるのか

では、オリーブオイルの気になる効果ですが、上記でも少し触れていますが、美容面では、アンチエイジング効果があります。
お肌や髪の毛にこれをつけることで、外からビタミンEを与え、髪の毛も肌に保湿効果をもたらします。
それによって、お肌には張りが生まれるので、若々しさをキープできる、まさにアンチエイジング効果につながるのです。

そして、オリーブオイルを体に取り入れることによって、血液をサラサラにしてくれるので、血液が血管を通りやすくなります。
これによって、健康を得られることはもちろんのこと、お肌のトーンだってよくなりますし、張りも出て、美と健康を手に入れることができます。

オリーブオイルのおすすめな使い方

では、これだけ健康と美に効果のオリーブオイルですが、おすすめの使い方があります。

髪の毛の保湿効果を高めるために、お風呂の中でオリーブオイルを髪につけます。
10分ほどそのままにして、髪の毛が温まった後に、きれいに洗い流してあげます。
これを毎日することによって、徐々に髪の毛に潤いが出てきたと実感できますよ。

また、大匙1杯ほどのオリーブオイルを毎日飲むことで、体の中かからきれいになっていきます。

オリーブオイルを使う際の注意

オリーブオイルは酸化しやすいオイルです。
ですので、開封をしてしまうと、どんどん酸化してしまうので、できれば、小さなボトルの物を購入することで、オリーブオイルを使えるので、体にも肌にも紙の県も効果的です。
ちなみに、日差しが当たる所などに放置しておくのも質が落ちてしまいますから、棚の中に入れておくなどして保存してほしいのですが、保存時には、プラスチック容器など、空気が入ってしまうようなものは酸化するのでやめましょう。

そして、オリーブオイルといっても、いくつかの種類がありますが、エクストラヴァージンオイルを利用することで、混じりっ気なしのオリーブオイルですから、不純物もなく、お肌などに悪い影響を与えません。

オリーブオイルをこれから使おうと考えている方は、使い方や保存の仕方に注意して、うまく使えば、あなたの健康と美しさをキープできますよ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

健康効果成分
ストレスを抱えている人はGABAのチカラを借りよう

GABAと言うチョコレート、CMなどでストレス社会のあなたにと言うキャッチフレーズで気になったことは …

健康効果成分
黒烏龍茶はポリフェノールの量が違う

“コッテリ系のラーメン”、“焼き肉”など、脂っこい食事をしに行くと、食事前に『黒烏龍茶』を飲む人がい …