ストレスを抱えている人はGABAのチカラを借りよう

健康効果成分

GABAと言うチョコレート、CMなどでストレス社会のあなたにと言うキャッチフレーズで気になったことはありませんか。常にストレスを抱えている人は、一度は食べたことはあるのではないでしょうか。

GABAとは一体何のことか知らずに食べている人が多いと思いますが、GABAとは驚くほどの効果がたくさんあるのです。

気持ちを落ち着かせてくれる抗ストレス作用がある

GABAは気持ちを落ち着かせてくれる抗ストレス作用が含まれていて、トツプアスリートなども摂取していて注目を浴びています。

GABAとはアミノ酸の一種で、アミノ酸と言えばタンパク質ですが、タンパク質のアミノ酸とは違い、GABAのアミノ酸は、主に体の中で作れています。脳や脊髄の興奮した精神のリラックス作用や心を安定させ、ストレスを緩和させる働きをしてくれます。

GABAの効能は、ストレスを減らす、リラックスさせる、眠りにつきやすい、睡眠の質が上がる、コレステロールや中性脂肪を抑える、血圧を下げる、集中力をアップさせてくれる、アンチエイジングや老化防止、性機能障害の改善などたくさんの効能があります。

リラックス効果は、GABAをとると副交感神経を活発に働かせてくれるので、神経の興奮の高ぶりを抑えてくれます。

夜眠れない人の多くは脳の中のグルタミン酸が神経を刺激し活発にしている事が多く、GABAには神経の高ぶりを抑える効果があるので、興奮を抑えてリラックスさせてくれるるので不眠に効果的と言われています。

GABAの摂取で心地よく眠りにつくには、眠る30分から1時間前にGABAと摂取すると睡眠の効果が期待できます。安眠効果を期待するにはこのタイミングで食べるようにしましょう。

血圧を抑える効果も期待できる

GABAは血圧を下げる効果もあり、高血圧は生活習慣病の中でも繰り返すことが多い疾患ですが、GABAに含まれている高含豆乳が血圧の低下が中高年の間に確認できたと研究の結果で報告がでています。

GABAの摂取は、腎臓や肝臓も助けてくれるので、血液のコレステロールや中性脂肪を減らす作用もしてくれます。

GABAに含まれるアミノ酸は、記憶力などにもよく、脳の老化やアンチエイジングにもよいと言われています。

GABAの効果はとても高くGABAの多い食品を多く摂取したいものです。GABAが多く含まれている食品は、ジャコ、ぬか漬け、トマト、じゃがいも、ナスなどが多く含まれています。

肉や魚にはGABAは含まれていなくて、野菜や果物に多く含まれているので、ストレスには野菜や果物がよいでしょう。

GABAの1日の摂取量は、100mg~300mgで、食事やサプリから摂り入れたい人は良いタイミングなどは気にしなくてもよいです。

GABAを含む食品も食べ過ぎはよくない

店頭で売られているチョコレートのGABAは、仕事の合間のほっとする休憩の時間に食べるのも気持ちが安らぎ、簡単に食べることができるのでおすすめになりますが、多く摂りすぎると、糖分や脂肪分が体に逆によくないので、たくさん食べ過ぎないように気をつけましょう。

GABAを効率よく摂取するには、GABAとの組み合わせの相性があり、覚えておくようにしましょう。

相性がよい成分は、カルシウムとビタミンで、カルシウムもGABAと似たような効果が期待できるので相性は抜群になります。

GABAと相性がよくない成分は、降圧薬や薬品などの併合はよくないと言われています。医薬品などと一緒にサプリメントを大量に摂取しないように気を付けてください。

現代ではストレスが多くあり、毎日ストレスを溜めこんで仕事をしている人が多くいます。

GABAの摂取でストレスが抜けることはないと思いますが、解決策として、意識して生活にGABAを摂り入れて、上手にストレスと付き合ってみてはいかがですか。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

健康効果成分
オリーブオイルの効果や働きなどについて

美容アイテムとしても知られていて、これを使っている方も多いであろうオリーブオイルですが、その効果や有 …

健康効果成分
黒烏龍茶はポリフェノールの量が違う

“コッテリ系のラーメン”、“焼き肉”など、脂っこい食事をしに行くと、食事前に『黒烏龍茶』を飲む人がい …