カジノ法案の悪い所を挙げてみる

オンラインカジノ

2020年に東京オリンピックのためのカジノ法案を合法化する動きが強まっている。賛否両論は、この法案に対して様々な点で意見が矛盾していますが、3人の子供を育てる父親として、私はカジノの負の影響について心配することはできません。

私が無知な20代のときは、アルバイトで100万円の馬券を買ってしまいましたが、大きな損失がありましたので、2年ほど経ちましたが、赤字で終わったと思います今私は私の人生の貴重な時間を無駄にする経験がありました。

カジノ成立で多くの人がギャンブルと関わることになる

カジノの法案が施行され、合法的なカジノが開催されると、多くの人々がカジノのギャンブルに関与するようになります。カジノで起こったことを聞く大人やカジノとお金を稼ぐための秘密を買った本やウェブサイトは目に見えて、年齢制限が設定され、特別ゾーンが作られても、様々な機会やメディアを通じて未成年者がいます。興味を持つようになる。子供たちはカジノの分野に行く時代になり、カジノでお金を稼ぐと、何度もカジノをやりたい気がします。幸福感のあるギャンブルの量はすぐに大きくなります。程度です。言い換えれば、カジノは人々を幸せにしません、それは多くの人々を不幸にさせることです。

ギャンブルは将棋を沸かすものです。中毒が来たら、それをやめるのは非常に難しく、全国に賭博中毒に苦しむ多くの人々がいます。国会でも、賭博中毒防止対策について何度も主張されており、パチンコ投票の開始規制基準を見直し、インターネット上での賭け金の購入を制限する方向での調査が進行中である。ギャンブルの悪影響を理解しながら、世界は、既存のギャンブルシステムに関わっている多数の人々のために突然解消できず、次第に縮小する方向に進んでいます。なぜ新しいギャンブルを創造しようとしているのですか日本のシステムは理解しにくいです。

ベラジョンカジノなどのオンラインカジノも受け入れられない日本にそれが可能なのでしょうか。

カジノにより日本が潤うのは間違いない

一見すると、年間約2兆円と見積もられる経済効果が魅力的であるように見える。また、新しいビジネスチャンスを検討している企業や投資家には絶好の機会です。日本では、借金が増え、税収が減り、カジノから得られる税収があなたの喉から望むものになります。しかし、実際にカジノには十分な経済的利益がありますか?

カジノを宣伝する人の中には、外国人観光客がレジャーの場にふさわしいと思っている人もいますが、カジノを作ることで外国人を誘致するのは本当に魅力的ですか?

現在日本を訪れている外国人観光客の中でも、東南アジアを中心としたイスラム地域の観光客が年々増加しています。イスラム地域の観光客にとって、日本は技術に対する高度な賞賛の国です。しかし、日本に来て観光に迷うという事実は、日本ではイスラム法で禁止されていることがたくさんあることを意味します。具体的には、豚肉、アルコール含有食品、皮膚を露出した女性が歩いているということです。そして、賭博はイスラム法によって禁止されているものに含まれています。日本のカジノの合法化は、これらのイスラム圏の観光客のイメージダウンにつながることは明らかです。

カジノは悪いことではないがもちろん懸念される事情も多々ある

カジノの法案を促進し強制することは、栄養ドリンクのように一時的に有効かもしれませんが、長期的にはギャンブル中毒の人の数が増え、子供に悪影響を及ぼすことがあります。また、日本のクリーンイメージを暗いものに変えるというマイナス面も大きいと思います。そのような法案は瞬時に廃棄されるべきです。そして、あなたは未来への明るい未来を想像できる社会を作るために時間とお金を費やすべきです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オンラインカジノ
オンラインカジノが違法かどうかは弁護士でもわからない

時にはカジノが、時には日本でもカジノを作るというアイデアについて話すという考えを実現しようとする政治 …

オンラインカジノ
オンラインカジノに攻略法が存在するというのは本当か

私はあなたがカジノを言うならば豊かになることを夢見ると思うが、戦略や勝利方法があるかどうかを知りたい …